ホーム » インテリアコーディネートと色彩

インテリアコーディネートと色彩

インテリアコーディネートで重要な要素はいくつもあります。木材や金属、ガラスのような素材や和風、アジア風、西洋風などのテイストなどと並んでカラーコーディネートも重要なポイントとなってきます。ファッションコーディネートと同じようにカラーのコーディネートもできるのですが、空間ならではの注意点もあります。室内でのカラーは壁や床、天井など面積の広い部分が多きいために色彩の影響度もかなりあります。ファッションは身に着けていても意外と自分には洋服は目に入らず鏡をみないと意識しなかったりしますが、インテリアはその空間にいる本人がダイレクトに視覚として入ってくるので暖色系や寒色系のカラーを選ぶと体感としても感じやすいといえるでしょう。壁紙の模様によって部屋が大きく感じたり小さく感じたりしますが、カラーによっても広く感じたり、狭く感じたりするのでそれらの視覚効果を利用することもできます。また部屋の下に行くほど濃い色目のコーディネートにすれば落ち着いたカラーコーディネートができるといわれています。カーテンや壁紙も同系色で統一するのもまとまりやすく、色に迷ったら同系色を選ぶといいでしょう。